常時SSL(暗号化)通信へ

ホームページへのアクセスが、常時SSL(暗号化)通信が推奨され、
2017年からは、SSL証明書の鍵の長さが1024ビットが廃止され、
2048ビットが標準となりました。

それに合わせて、所有するドメインのメインサイトにおいて、
常時SSL通信化を、1月1日から対応致しました。

本日、さらにSSL通信の規格をつきつめまして、
SSL通信の安全性をチェックするサイト
QUALYS SSL LABS にて、クラスAのレイティングを確認しました。

ご覧の方とサイト間の通信の安全性は確保できておりますので、
安心して当サイトをご利用いただけますと幸いです。