FPサービス

イザというときの魔法の道具

保険は、ヨーロッパの大航海時代に、
銀行・証券とともに発明された道具の一つです。

限られた資金を、銀行だけ・保険だけ・証券だけ
というのは非常にナンセンスです。

証券を売りたい側は『保険は○○○○円だけでよい』とか、
これもナンセンスです。

保険には、人生に降りかかる問題の軽減や、
社会問題を改善する魔法の力を持つものがあります。

その力は、有効期間や魔法の強さによって、
それに見合った義務を負担する必要があるのです。

ですから、どんな人でも保険は○○○○円でよいというのは、
非常にナンセンスです。


魔法の力にも違いがある

生命保険・医療保険は、契約時期や内容によっては、
魔法として使えるものもあれば、
まったく役に立たないものもあります。

時代によって社会の変化で有効な魔法が変化したり、
自分にとって必要な魔法が変化するからです。

~ どのような保険に入っているのか ~
~ どのような内容なのか ~

知っているのと知らないのとでは、大きく違います。

※ FPサービスとは、ファイナンシャルプランニングサービスです。


保険で何ができるのか?

■ 介護離職問題を軽減できる可能性

介護する家族

介護を理由に、離職することが社会問題になっています。

公的介護保険では、原則1割負担で各種サービスが利用できますが、
その1割の負担ができなければ利用することができません。

平均介護期間約5年といいますが、10年間の介護も少なくありません。

いつでも1割負担が出来て、各種サービスを利用できれば、
子や孫が介護離職することなく過ごすことができのではないかと
思いませんか。

■ 相続・争族問題

相続

相続問題といえば、財産のある家庭を想像しますが、
実は、財産がないほどトラブルになっております。

分けられる財産がなく、分けられない財産があるとか、
再婚による家系の複雑化によるものなど、
非常に多岐に渡ります。

法律通りに分割されても不服に思うこともあるでしょう。
何度も裁判所に通い、親族の仲が悪くなるのはよくある話です。

それを予防したり、軽減したりするのは、
生命保険が得意とすることです。

ご事情によっては、税理士・行政書士と連携し、
相続・贈与に関する最適なご案内をいたします。

できるだけ多くの資産を、次の世代へ、
あなたの希望に沿うように、
法律による制限の枠を超えて実現致します。

■ 長生きできる事

楽しい老後

どのように働くのか、どのように暮らすのかによって、
老後までに準備しておきたい資金は変わります。

テレビなどでは、『退職時期に3,000万円の預金が必要』だと、
よく言われていますが、本当でしょうか?

メディアを鵜呑みにせずに考えてみることが重要です。

いつまで、どのように働くのか考えながら、
銀行・保険・証券の特性に合わせた利用をしませんか?

あなたの将来のためにイマから準備する魔法
が、ここにあります。


お問合せはこちらから