眼から始まる老化現象

目の違和感

最近は、パソコンのモニターにより一層囲まれて仕事をしております。

ここのところ、近くのモノが見づらくなってきました。

「離せばわかる」なんていいますが、
離すと文字が小さくなって、より見えません(笑)

これまで目に関してはとくに不都合はなく、
子どもの頃は1.5と1.2と視力もよかったですし、
最近の免許更新でのチェックで、1.0というのが出てきた程度でしたので、
永らく眼科とは無縁でした。

そこで約40年ぶりに眼科へ行ったのですが、今の検査機器って凄いですね!

眼鏡やコンタクトをされる方は常識かもしれませんが、
サングラスやファッショングラス程度しかしない人にとっては、
未知の体験です。

光をピッと当てるだけで乱視まで判ってしまうのか、不思議なほどです。

 

検査をしてみたら

焦点、視力、眼圧、視野などの検査をしました。

焦点検査・・・画面の真ん中に絵があって、それをじっと見る間に検査されます
絵がボケたりして瞬間的に不快ですが(笑)
どうやって調べているのでしょう?

視力検査・・・ランドルト環(Cの図形)の隙間を答えます。
乱視で滲んで見えにくくて、睨みつけながら答えても、
合っていたのが驚き(笑)

眼圧検査・・・風圧をかけて測定します。
いつ風が来るのか分からないし、
来た瞬間ビックリして頭が飛びます(笑)

視野検査・・・一点をみたまま、他の部分で光を感じたらボタンを押します
医療番組でやっているテストより難しいです(汗)

眼底検査・・・ドクターに瞳孔の奥を覗きこまれます

 

左目が焦点を合わす力が弱くなっているのと、乱視が出ていることが分かりました。
ですが、「眼鏡を処方するまでもない」ということでした。

とはいえ、近くでモノが見えないと困ることも多々あるんですよねぇ。

「雑貨屋にある老眼鏡をかけてみて、よかったら作ってみたら」

ということで、やはり「眼鏡処方」されませんでした・・・ (^-^;;

 

老眼鏡をゲットする

雑貨屋…といえば、100均を思い出すわけですが、
その場しのぎで使うにはいいのですが、常用するにはデザイン悪い。

不都合を感じるのは左側だけですので、
右側は度は入ってなくていいんですよね・・・

「やっぱり眼鏡屋さんへ行こう!」

と思って、どこに行くか評判チェックしました。

古くからありCMでよく見る、某大手チェーン店へ行ってみました。
客もいなくて店員は一人。
まぁ、なんか声かけの一つぐらいあってもいいのかなと思うのですが、何もなく。

老眼鏡といえば、既製品が展示されているイメージでしたので、
訊いてみると引き出しからバラバラと出してきました。(汗)

その既製品をかけてみると、見やすくはなりますが、
デザインの問題で、年寄りくさくなります。

「作れば約3万円」と言うだけで、処方箋がないことを理由に、
コンサルティングしようという気がないのがよくわかったので、
そのお店は後にしました。

 

最近の眼鏡は比較的安価に作れることは知っておりましたし、
「やっぱり眼鏡はしんどいわ・・・裸眼がいい!」
って思って辞めてもいいように、
はじめの一歩としては安価で済ませたいものです。

そこで、再度検索して出てきたお店に行ってみました。

 

そこでは、声かけもあり、ドクターの診断結果と、不都合点を伝え、
眼鏡のデザインをどう選べばよいのかなど、判らない点を伝えると、
シチュエーションに合った選び方と、視力測定を勧められました。

お客の困ってることを解決しようという気持ちがいいですよね。

で、その結果を基に、老眼鏡を作ることにしました。

UVカットは当然できるそうですが、
ブルーライトまでカット出来るようにすることもオプションで出来る
ということで、それもお願いしました。

パソコンの画面をずっと見ていますからね。

たとえ老眼鏡でも、UVカットやブルーライトはカットしたいです。

ついでに、度なしで1本お願いしました。
こちらは外出用です。

同時に2本を買ったのですが、某チェーン店で1本買う値段以内で買えるとは、
思いもよらず嬉しい事でした。

 

あれ?眼鏡が合わない??

眼鏡を受け取る前日、あることに気が付きました。

『左の乱視は分かっていたけど、もしかして右目も??』

お月さんを見ていると、左目では4つに見えるのですが、
右目は2つに見えるのです。

お月さんをスマホで撮って画面で引き延ばしても、
お月さんは1つしかありません。(当然ですよね(笑))

 

眼鏡を受け取ってパソコン仕事していると、違和感を感じました。
左目を矯正していたのに、右目の方が度が強いのです。

おかしいのではないかと眼鏡店へ出向いて事情を説明すると、
再度測定することになりました。

以前とは視力のバランスが変わっているのと、
右目も乱視である事が判りました。

 

そして作り直して頂いた結果・・・

見やすくなってましたが、しかし、それでも、右目の方が度が強い・・・

 

なんで~?と思って、小さい文字のピントが合う場所を自分なりに探すと・・・

右目の方が、左目より遠くへ離さないと見えないことに気が付きました。

視力と焦点距離とは別物なんですねぇ。

これでは、測定した結果での見え方の説明を受けないと
納得しにくいと思いました。

私は左目だけ悪いと思っていたのですが、そうではなかったのですから。(汗;

 

そういえば、眼科でも検査結果を見て

「大丈夫、大して問題ない」

ぐらいの説明しか・・・(汗;

 

当面はこれで試してみることにします。

 

「老化は目から」というらしい

目の病気で代表的なものといえば、
白内障・緑内障・加齢黄斑変性などといったものがあります。

白内障の有病率は年齢とともに増加します。厚生科学研究班の報告では、白内障の初期の混濁を含めた有病率は、50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代84~97%、80歳以上で100%とされています。
“慶応義塾大学病院 医療・健康情報サイト” より(http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000207.html

つまり、白内障に関しては、ほぼ全員の方がなる病気です。

その原因は紫外線による水晶体の変質と云われます。
紫外線の影響を避けることで、白内障になる可能性を遅らせることが
期待できるわけです。

UVカット機能のある眼鏡をかけるのは、理にかなっていますね。

目が悪くない人でも、気になるお年頃になれば、
ダテ眼鏡でもいいのでした方がいいかもしれませんね。

目の病気には、こういった水晶体の異常の他に、
カメラのフィルム・イメージセンサーにあたる部分の網膜や、
その神経の異常によるものがあります。

こちらの異常に関しては根治することは今のところできず、
進行を遅らせたり対症療法するだけです。

白内障に関しては、異常である水晶体を取り除いて、
レンズを入れることにより回復することが出来ます。

このレンズには単焦点と多焦点の、概ね2種類があります。

単焦点のメリットは、保険治療の適用です。
デメリットは一点しか焦点が合わないため、日常生活には眼鏡が必要です。
眼鏡が1本で済むか2本必要になるかは分かりません。
各々によって異なるでしょうから、ケースバイケースと思われます。

多焦点は先進医療として全額自己負担というデメリットはありますが、
どこでも焦点が合うために眼鏡は不要になることも多いです。

どちらを選ぶかですが、例えば夜道を運転する必要があるかどうかです。
ヘッドライトが目に入ると滲みをおこして、見づらくなるそうです。

他にもあるかもしれませんが、レンズが進化すれば解消されるかもしれませんね。

 

その費用は・・・

眼内レンズの手術費用ですが、単焦点は保険適用で片目4万円程度。
多焦点は片目30万とも60万ともあり、病院や使用レンズによって異なるようです。

それぞれメリットデメリットがありますが、
多焦点眼内レンズが自分自身の生活クオリティがあがると分かっているのに、
高額のために、先進医療の選択に躊躇するのではないでしょうか。
これからの生活に、何にお金が必要になるか分かりません。

そして、最初に単焦点を入れて、お金が貯まったから多焦点に入れ替えて・・・
なんて出来ません。
眼内レンズと細胞組織と癒着するために、交換は容易ではないのです。

つまり、その時の選択が、最期まで影響するわけです。

 

医療保険の先進医療特約から全額出るなら、
躊躇なく多焦点眼内レンズを入れられると思いませんでしょうか。

生命保険会社によると、実際の先進医療特約の給付では、
多焦点眼内レンズの手術の割合は多いそうです。

 

一生涯保障してくれる医療保険、気になりませんか?